ブログ

BLOG

手相 生命線1

2022年1月31日2:10 AM [お知らせ,姓名判断,手相]

滋賀県大津市で、手相、姓名判断鑑定をしています
松田和桃です。
JR瀬田駅北口、萱野神社前の松田鍼灸院隣の自宅で行っています。
瀬田駅北口から徒歩2分です。

先日、鉄道旅に行ってきました。
20日、大阪駅から午前0時33分発の寝台特急サンライズ号です。東京には朝7時8分着。モーニングを食べて、すぐ、のぞみで京都に戻ってきました。瀬田駅に11時前には到着。
20日の仕事にも支障なくできました。
A寝台デラックスの客室。
あれこれ物思いに耽りながら非日常を満喫できました。

お金もかかりましたが、体験することは大切です。サンライズで運んでもらったわけですが、将来への良い引き寄せを掴めました。

さて今回は、生命線の解説です。

生命線とは、親指と人差し指の間から、手首に向かって曲線を描いている線です。

人生の大きな出来事が刻まれています。

左手の手相が、先天運。
もともと持っている宿命です。
そして右手の手相が、後天運。
今現在の思いや活動により刻まれていく線です。

意識や行動を変えることで、人生のシナリオを書き換えられるわけです。

そして事前に注意すべき時期や事柄と開運の時期がわかるわけですから、予定がたてやすいですね。

手のひら、爪に凶を表す、ほくろやしみが出ていれば、修正液や白か銀ペンで塗り隠し、災いを軽減または回避することもできます。

手のひらは、多くのメッセージを送ってくれます。いつも清潔に大事にケアしておきましょう。

生命線が濃くて、大きく張り出し、手首まで長く内側に巻いていれば、気力充実、元気いっぱいで活気があります。健康で長生きですね。

生命線が短く、途中で切れていても大丈夫です。
切れた部分の外側か、内側に生命線が出ていたり、または運命線がその役割をしながら指側に伸びていきます。

また、そのような線がなくても大丈夫です。
右手の生命線を見てください。両手で判断します。

いかがでしたか?

次回は、生命線2です。
お楽しみに。

ページトップ