ブログ

BLOG

手相の解説パート2

2022年1月14日2:22 PM [お知らせ,姓名判断,手相]

滋賀県大津市で、手相、姓名判断鑑定をしています
松田和桃です。
JR瀬田駅北口、萱野神社前の松田鍼灸院隣の自宅で行っています。
瀬田駅北口から徒歩2分です。

2022年が明けて早くも中旬になりました。雪の成人式となりました。受験も大学、高校、中学校と人生の分岐点通過の時期です。たくさんの人の思いが交差しています。

さて私も受験にはもう縁はありませんが、今年は手相について掘り下げて勉強したいと思っています。
人生後半に置いて、一ヶ所には留まらないと言う線が出ていることもあり、思い切って鉄道旅に出てみます。いろいろ制約はありますが何とかクリアして活動してみようと思います。

手相の線はその人の強い思いや行動力、持続性がシワとして現れます。
同じ手相は存在しません。すべてがオリジナルです。そして手相の線は絶えず変化します。
例えば知能線が短めの方(中指を降ろした付近で止まっている)はあまり考えず直感で行動するという性格ですが、資格試験などじっくり勉強を継続したりすると、知能線の先端がどんどん伸びて長くなります。

もともとある線自体が変形する事はありませんが、線が伸びたり、薄く短い線が出てきたり、濃くなったり、薄くなったり、違う線にくっついたりします。

そして線の年齢がわかれば、人生の開運時期や変化の時が分かるのです。
自分の手相を大いに観察しましょう。

手の先を見る前に、手の大きさや厚さ、指の長さなどを見てみましょう。

手のひらが厚みのある方  ぷっくりとピチピチしている手のひらは、いつもエネルギッシュで明るく笑顔の多い人。幸運も財も人も自然と集まってきます。

逆に手のひらが薄い方  冷静であまり動じず、分析力があり周囲の信頼を勝ち取る人。臨機応変さもあり人が頼ってきます。

手が大きい方  印象とは違い繊細で細やかな神経の人。よく気がつき敏感です。真面目でコツコツ積み上げていく堅実派。信頼を得ます。

逆に手が小さい方  頭の回転が速く速攻で動きます。緻密さには欠けますが明るく積極的です。

指の長さでも違いがあります。

指が長い方  繊細で高い理想とプライドを持っています。神経質で芸術家タイプ。考えすぎたりストレスを溜め込みやすいです。

逆に指が短い方  とても現実主義。周囲の状況に応じて素早く行動できます。

ですから、手が小さくて厚みがあり指が短い人は、いつもエネルギッシュで明るく前向き。周囲を巻き込んで楽しく行動する現実派、と言う感じです。

指の長く細いイメージの人は、やはり繊細でクール。冷静で慎重派に感じます。

いかがでしたか?

次回は、最も重要な線である生命線の解説です。

お楽しみに。

ページトップ