ブログ

BLOG

基礎運 32画、33画、34画、35画

2021年9月19日12:30 PM [お知らせ,姓名判断,手相]

滋賀県大津市で、手相、姓名判断鑑定をしています松田和桃です。
JR瀬田駅北口、萱野神社前の松田鍼灸院隣の自宅で行っています。
瀬田駅北口から徒歩2分です。

私事ですが、忙しい出来事が少しずつ手を離れ、出口が見えてきたかなと感じています。
時間に追われているときは、自身の暗い部分が出てきます。それらに向かい合いながら日々動くと言う事ですね。

それでは基礎運の画数の解説に入ります。
今回は、32 画、33 画、34 画、35画です。

32画 この画数は大変幸運の数字です。
人に恵まれ、困難にあっても、必ず助けてもらえます。
渡りに船、棚からぼた餅、のような画数です。誠実で穏やかな性質。少しの努力で、成果は万倍にもなる福徳運です。財運にも恵まれます。自身が稼ぐと言うよりも、身近な人が財を運んできてくれるイメージです。ただし傲慢になり、義理や誠実さを忘れてしまうと運気は急降下します。

33画 強運です。一代で財を築きます。商売運があり、皆を守る大黒柱的な役割をされます。ワンマンな部分はありますが、アイデアも豊富で皆のために働きます。しかし強運であるために、満足せずもっと多くを手にしようと野心を出してしまうと、大きな失敗を体験します。多くの人から慕われる画数です。

34画 常に周囲が気になり悩みを抱えてしまいがちです。一時的に成功を得ますが、その不安ゆえにすぐに幸運が逃げてしまいます。心が休まる時がありません。現状をあるがままに受け入れて、これで良し、と思うことで気持ちも安定します。周りよりも自分に関心を向け活動しましょう。

35画 学問や芸術など、知的で風流さを備えた人物を表します。人との争い事や駆け引きなどからは程遠い存在です。お金にも執着がなく自分の好きなことができる方向を優先します。誠実で穏やか、優しい性質。物質的なことには関心がないのですが、家庭運、財運に恵まれます。末永く幸せな人生が続いていきます。

いかがでしたか?
画数のそれぞれの意味や特徴の解説でした。

お名前も常に頑張っていますので大切にしてください。
今回で基礎運の解説は終わります。

次回は、手相に戻り補助線の解説に入ります。
財運の線を解説します。
どうぞお楽しみに。

ページトップ