ブログ

BLOG

基礎運 14画、15画、16画

2021年6月17日12:53 AM [お知らせ,姓名判断,手相]

滋賀県大津市で、手相、姓名判断鑑定をしています松田和桃です。
JR瀬田駅北口、萱野神社前の松田鍼灸院隣の自宅で行っています。
瀬田駅北口から徒歩2分です。

6月も中旬を過ぎました。
真夏のように蒸し暑い日が続いたかと思うと梅雨で少し寒かったり、体もついていくのがやっとです。いろいろ言いながらも、日本に四季があるのは素晴らしいです。
季節が変わるからこそ、人との挨拶のバリエーションもできますし、周囲の人との一体感が自然と生まれます。
また、季節の変わり目は節目として気持ちの入れ替えもできますね。
今年も、この6月を迎えられたことに感謝しています。

先月のブログで、株式投資を試みた話を書きました。その後、2つの銘柄を買い、ゴールといった感じでした。
しかし、買ってしまうと今度は株価が気になり、日に何度もチェックせずにはいられません。少しの上げ下げで一喜一憂する日々です。完全に気持ちの上げ下げも支配されてしまいました。
ふと、そんな状況に笑ってしまいました。
これも人生の縮図の様。予期せぬ事は突然何度でも起こります。そんな状況に振り回されている自分が見えておかしくなりました。
今はじっくり待つ。必ず上がることを信じて。日々のやるべきことをしようと思います。とはいえ、株価は毎日何度も見ていますが、平静を保っています。
コロナ後、必ず経済全体が上向きになるはずです。コロナ渦で、新しい分野にチャレンジされた人たちもたくさんいますし。

第8回目の今回は、姓名判断の漢字の画数の意味についてです。
ブログでは、手相や姓名判断についての豆知識を通して、皆様にそれらの楽しさを知っていただき、生活に活かしていただければと思っています。

ここでは、基礎となる基礎運の画数の意味を解説します。

基礎運とは、姓名のうちの名の部分です。
松田和桃(まつだわとう)でしたら、和桃の部分です。結婚などで姓が変わると、基礎運以外はほぼ変化しますが、この基礎運だけは変わりません。
和桃を例にとると、和の画数は、8画、桃の画数は、10画、合わせると18画。
ですから、基礎運は18画になります。

基礎運は、生まれてから20歳位までの運勢を意味しますが、50歳位までは効いてきますので重要です。
もともとの性質や愛情、金銭感覚などを表しています。

今回は、基礎運での14画、15画、16画を見ていきます。

14画 波乱運です。
見えっ張りさが、凶を招きます。
自分さえよければ的な精神が出てしまい、トラブルを引き起こします。外では見栄を張り、人の見ていないところで努力するなど負けず嫌いな面もあり、頑張る原動力にもなっています。自身を向上させるのは、大事なことですが、他人を利用しては、凶を招き破滅へとまっしぐらです。
考えを明るく、前向きに保つことです。
笑顔は周囲も自分自身を穏やかにします。

15画  堅実で着実に成果を積み上げていきます。専門性、スペシャリストを表します。健康、財運、対人関係、いろいろな面でバランスのとれた幸せが約束された大吉画です。人からも好かれ、人情味あふれる人柄。
現実派。堅実に努力することで大成します。

16画  リーダ運です。
指導力に優れ、誠実。自然と人が集まってきます。皆からも頼りにされる存在です。人に恵まれ、思い通りの人生。ですが、いろいろな人がやってくるので、アルコールトラブルや異性トラブルには要注意。
他人を喜ばせることに生きがいを感じます。気の合う仲間に囲まれ、孤独とは無縁。社会に出れば、年上の方からの引き立てがあり、年下からは慕われるという大吉画です。
気分屋で短期。また、好き嫌いもはっきりしています。

いかがでしたか?

画数のそれぞれの意味や特徴の解説でした。

吉、凶、それぞれが良い部分を持っています。
名前を持つご本人の行く末のために、お名前も常に頑張っていますので、大切にしてください。

次回は、姓名判断鑑定、基礎運の17画、18画、19画の意味を解説します。

どうぞお楽しみに。

ページトップ